フレッツ光

NTT西日本「フレッツ光」が大幅値下げ

NTT西日本は、光ブロードバンドサービス「フレッツ光」(インターネット接続サービス)において、新たに「フレッツ光」にお申込みいただくお客様を対象として、「どーんと割」(料金サービス)(以下、本割引といいます。)を、平成25年8月1日(木)よりお申し込みの受付期間を設けて提供いたします。  本割引は、「フレッツ光」と「光もっと2割」(料金サービス)を新規で同時にお申し込みいただいた お客様を対象に、「フレッツ光」の月額利用料をご利用開始当初から最大2年間、現在提供中の「光もっと2割」適用後の月額利用料金よりも更に割引させていただく料金サービスです。  例えば、「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」と本割引を月初日からご利用いただく場合、「光もっと2割」適用時より2年間で17,388円(税込)もお得になります。

NTT西日本 どーんと割

NTT東日本「フレッツ光ネクスト」が12月より大幅値下げ 2012.11.21

NTT東日本は、2年間の継続利用を前提に新たに契約する人を対象に、 戸建ての場合で現在5460円となっている月額利用料を、およそ3600円に下げるほか、マンション向けのサービスを最も安い場合で月におよそ2700円にすると発表がありました。 本割引により、KDDIや電力系の光ファイバーとの月額料金差がなくなり、auのスマートフォンとのセット割引を考慮にいれず、単体での光インターネット契約では、プランによってNTT「フレッツ光」の方が 月額利用料も安くなります。

NTT東日本 公式報道発表

NTT西日本「フレッツ光ネクスト」が12月より大幅値下げ 2012.11.21

NTT西日本は、現在約700万以上の利用者がいる光インターネットサービス「フレッツ光の料金サービスを強化し、12月1日より「光もっと2割」などの提供を開始します。  新たな継続利用者に対する割引サービス「光もっと2割」(光もっともっと割)は現在、提供されている「フレッツ・あっと割引」「フレッツ・ずっと割引」「光もっと割引」をこえる、割引サービスです。  「フレッツ光」の利用年数に応じて月額利用料を割引きし、現在提供中の「フレッツ・あっと割引」「フレッツ・ずっと割引」「光もっと割引」の適用後料金より、さらに安い月額利用料となります。  「フレッツ光ネクスト 隼」(最大1Gbpsのサービス)を利用して、本割引に申し込むと、月額利用料が通常料金より1100~1790円安くなります。  また、二段階定額サービス「フレッツ光ライト マンションタイプ」は「フレッツ・あっと割引」適用時の上限料金を12月1日より、さらに600円割引され、光インターネットをさらに、利用しやすい月額利用料となるでしょう。

NTT西日本 公式報道発表

「フレッツ光ネクスト、フレッツ光ライト」 値下げへ 2012.08.20

NTT東日本提供のマンション向け光ファイバーインターネット「フレッツ光ネクスト マンションタイプ(光配線方式)」「フレッツ光ライト マンションタイプ」の月額利用料が平成24年9月1日から値下げとなりました。   月額利用料金が二段階定額方式の「フレッツ光ライト マンションタイプ」の基本料金が800円、上限料金が1,500円値下げされ、月額2,000円~4300円となりました。また、「フレッツ光ネクスト マンションタイプ(光配線方式)」については月額利用料を550円値下げされ、「ミニ」の場合は月額3,850円、「プラン1」の場合は月額3,250円、「プラン2」の場合は月額2850円とする。

NTT西日本エリアも「フレッツ光ライト マンションタイプ」の月額料金を9月1日に、「フレッツ光ネクスト マンションタイプ(ひかり配線方式)」の月額利用料を10月1日にそれぞれ値下げを行うと発表されました。   「フレッツ光ライト マンションタイプ」の月額料金は600円値下げとなり、月額2,200円~5,000円となります。また、「フレッツ光ネクスト マンションタイプ(ひかり配線方式)」については月額利用料をが300円値下げされ、「ミニ」の場合は月額4,110円、「プラン1」の場合は月額3,390円、「プラン2」の場合は月額2,940円となります。「フレッツ・あっと割引」適用時。

他にNTT西日本では、現在サービス提供中の「フレッツ光ネクスト エクスプレスタイプ」を「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼」とプラン名称を変更して、月額利用料を大幅値下げのうえ10月1日より提供されます。 月額利用料は、戸建て住宅向けが4,970円より、集合 住宅向け(プラン1)が3,390円となり。現在「フレッツ光ネクスト エクスプレスタイプ」を利用している方は、そのままフレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼への移行となります。

フレッツ光の値下げによって

NTT東日本、NTT西日本の「フレッツ光」は、今まで全国の光ファイバーサービスの 中で比較すると、月額料金が他のブランドと比べ高い傾向にありました。しかし、今回の値下げによって、他の光ファイバーサービス提供会社と の差がなくなり、ますます利用しやすい料金形態になりました。また、フレッツ光ライトの値下げもインターネットをあまり利用しない方でも低料金で 光ファイバーの電話サービス「ひかり電話」を利用しやすくなり、従来のアナログ電話回線はどんどん契約世帯が減っていく方向になりそうです。
▲ ページの上段へ ▲