フレッツ光とeo光を比較!サービス内容や特徴を徹底比較

フレッツ光コラム フレッツ光

自分の住むエリアでは当たり前の事でも、一歩離れると当たり前では無い事は多々あります。

方言などはその典型で、僅かな距離を離れるだけで、一向に意味が通じない経験をした事ありますよね?

 

愛知県を代表する都市と言えば、誰もが名古屋市を思い浮かべます。

しかし、海外で現地の方と話す中で、「日本のどこから来たの?」と問われた時に、「名古屋から来ました」と返しても、殆どの方は首をかしげるばかりです。

そこで、「豊田なら解りますか?」と尋ねると表情が一変して、「おお!そうなのか!知ってるよ!」という返答が返ってきます。

 

「所変われば品変わる」

 

知名度や浸透度も、当たり前だと思っていた事が、地域によって異なる事は珍しく有りません。

光回線では、全国的な知名度では「フレッツ光」の名前は広く浸透していて、光回線に興味が無い方でも聞いたことは有る方が多いのです。

しかし、全国的に見れば知名度があまりない「eo光」ですが、関西地区内での知名度は抜群で利用者も多く、老若男女に広く浸透しています。

 

「eo光」は、全国展開をする他の光回線と比較してもメリットが多く、だからこそ地域密着のローカルサービスでも、数多いユーザーに支持されています。

それどころか内容を他回線と比較吟味すれば、関西地区でeo光が利用出来るエリアにお住まいの方は、とてもラッキーだと言えます。

 

関西在住の方が光回線の導入を考えた時に、必ず選択肢に挙がる「eo光」と全国展開する「フレッツ光」のサービス内容や特徴を、あらためて徹底比較します。

 

「フレッツ光」と「eo光」の運営企業を比較

光回線を敷設するためには、街中に光ファイバーケーブルを取り回す必要が有り、既に何らかのインフラ施設を持っている企業にほぼ限られ、電話線を有する「NTT」・電気供給する電線を有する「電力系」・有線放送を行っている「有線系」に大別出来ます。

 

「フレッツ光」はNTT東西が敷設運営していて、「eo光」は関西電力グループの株式会社オプテージが敷設運営しています。

 

2つのサービスは、NTT vs 関西電力の構図で、どちらも日本を代表する巨大企業が提供しているサービスのため、安心して利用する事が出来ます。

 

「フレッツ光」と「eo光」のシェアを比較

光回線の人気度にあたる、回線シェアを比較してみましょう。

 

株式会社MM総研が調査発表している、2022年3月末時点の光回線の全国シェア(市場占有率)データでは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2326.6万件の契約者数を誇り、全体の半分を大きく超える63.5%を締めています。

 

 

(出典:MM総研

 

全国に広く展開しているNTT東西に比べて、電力系は地域で電力会社が異なり、それぞれ行っている光回線サービスは、自社の電力管内でしか提供出来ません。

そのため、全国シェアのグラフでは、その多くが個別には記述されず、その他の範疇に収まっています。

 

そんな中で唯一、地域限定の「eo光」を提供するオプテージが、全国展開しているNTT・KDDIに次いで登場しているのは、高い人気のある証左だと言える快挙です。

 

残念ながら、第三者によるエリア別の調査データは有りませんが、2022年10月のオプテージが調査した関西地区のネット契約シェア調査では、「戸建てシェアNo.1」になっています。

 

「フレッツ光」と「eo光」のプロバイダを比較

 

(出典:NTT東日本

 

光回線に限らずインターネットを行うには、接続業者プロバイダが必要です。

プロバイダは、「インターネット・サービス・プロバイダー」を略した呼び方であり、その頭文字をとってISPと呼ばれる事もあります。

 

プロバイダとは?

自宅に接続する光回線は、直接インターネットの世界に繋がっているのではなく、プロバイダに接続されています。

プロバイダが自社のバックボーンと呼ばれる回線を介して、インターネットの世界に入り、目的のコンピュータやサーバーに接続してデータを持ち帰り、光回線を通じてユーザーに届ける橋渡し役を行っています。

 

eo光のプロバイダは?

eo光のプロバイダは、運営するオプテージに限定されています。

 

回線契約をすれば自動的にプロバイダが決まるので、契約者はプロバイダを意識する事が無く利用する事が出来ます。

スマートフォンで通信会社と回線のプラン契約を行えば、プロバイダを意識する事無く利用出来るのと、同様の手軽さと解りやすさがあります。

 

フレッツ光のプロバイダは?

フレッツ光のプロバイダは、数多く存在しています。

利用する契約方法には、2通りがあります。

 

フレッツ光+プロバイダ契約

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光がサービスを開始した当初からある契約形態で、光回線をNTT東西で契約するのに加えて、接続業者プロバイダと別途の契約を行います。

 

2箇所で契約する事で2つの窓口が存在して、支払も2箇所になる上に、割高になる契約方法であり、個人利用で契約するメリットは基本的にありません。

現在では、NTTと直接付き合う事でメリットがある、法人などのビジネス用としての契約形態になっています。

 

光コラボ

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

2015年からスタートした「光コラボ」は、光回線の卸し提供を受けたプロバイダが、ワンストップでサービスを提供しています。

 

別途で2箇所契約するよりも月額料金が安く、フレッツ光を個人利用する契約の主流になっています。

 

フレッツ光の現在の利用形態では、光コラボ事業者(=プロバイダ)を選ぶという事です。

先ほどの光回線のシェアを示したグラフで、一般的によく耳にする「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などが出てこないのは、どちらも光コラボだからです。

 

光コラボを扱う事業者は、NTT西日本エリアだけで235社があります。

つまり、一口にフレッツ光を利用すると言っても、選択肢は235通りがあるという事になります。

 

「フレッツ光」と「eo光」の顧客満足度を比較

実際に光回線を利用しているユーザーの顧客満足度調査を、株式会社イードが行っています。

 

eo光はフレッツ光を抑えて、RBB TODAYブロードバンドアワード2021 キャリア部門エリア別総合(近畿)で15年連続第1位に輝いています。

 

顧客総合満足度

2021年総合最優秀の回線を、エリア別に見てみましょう。

 

北海道 auひかり(KDDI)
東北 auひかり(KDDI)
関東 NURO光(ソニーネットワークコミュニケーションズ)
北陸 ドコモ光(NTTドコモ)
信越 ドコモ光(NTTドコモ)
東海 フレッツ光(NTT西日本)
近畿 eo光(オプテージ)
中国 メガ・エッグ光ネット(エネルギア・コミュニケーションズ)
四国 ピカラ光(STNet)
九州 BBIQ(QTNet)

 

顧客満足度に影響する要素は多々ありますが、快適に利用出来る事が最も重要です。

利用形態の中では最も多く使われる、自宅でのWi-Fi回線におけるスピードの満足度も見てみましょう。

 

自宅Wi-Fiの回線スピード満足度

北海道 auひかり(KDDI)
東北 auひかり(KDDI)
関東 NURO光(ソニーネットワークコミュニケーションズ)
北陸 フレッツ光(NTT西日本)
信越 auひかり(KDDI)
東海 フレッツ光(NTT西日本)
近畿 eo光(オプテージ)
中国 ドコモ光(NTTドコモ)
四国 ピカラ光(STNet)
九州 BBIQ(QTnet)

 

関西近隣の、東海エリアや中国エリアなどでは「フレッツ光」がNo.1ですが、関西エリアでは「eo光」がフレッツ光を上回っています。

 

実際に利用している回線速度の具体的なデータも、比較して見てみましょう。

 

「フレッツ光」と「eo光」の通信速度を比較

通信速度の代表的な数値は、「公称値」と呼ばれるサービスを提供している側が発表しているもので、これは計算上の理論値であり、実際にユーザーが利用する際に出る速度ではありません。

 

回線の利用にあたっては、公称値よりも実際にどれくらいの通信速度が出ているのか?の方が重要です。

 

回線を実際に利用しているユーザーが、計測を行っている通信速度が、「みんなのネット回線速度」で公表されています。

 

動画視聴の快適さやwebページを開くのに影響する、ダウンロード速度のランキングを見てみましょう、

 

光回線の通信速度ランキング

直近3ヵ月の光回線通信速度ランキングでは

 

1位 フレッツ光クロス

平均ダウンロード速度: 1305.32Mbps (2097件)

 

2位 コミュファ光ゲーミングカスタム

平均ダウンロード速度: 1291.01Mbps (431件)

 

3位 eo光(イオ光)

平均ダウンロード速度: 597.75Mbps (8497件)

 

に、なっています。

 

光回線の通信速度総合ランキングで、フレッツ光は1位・eo光は3位になっています。

ただ、この数値を見て、「なんだ!eo光は速いって聞いたのに、フレッツ光の半分の速度も出ていないじゃないか!」と考えるのは早計です。

 

なぜなら、上位2つのサービスは通信速度に特化した特殊なサービスであり、一般的に広く利用されている回線とは言えないからです。

 

それは、計測者数を見ても解ります、

全国展開しているフレッツ光が2,097件しか無く、関西エリアローカルのeo光がその4倍以上の8,497件の計測者数がある事が、何よりの証左です。

 

幅広く一般的に利用される光回線としては、eo光はNo.1の通信速度が出ていると言えます。

 

eo光は何故速い?

eo光は光回線全体の直近3ヵ月と比較しても、突出して速い事が解ります。

 

回線 Ping 下り 上り
光回線 27.2ms 355.0Mbps 304.7Mbps
eo光 全平均 15.72ms 591.62Mbps 510.12Mbps
eo光 有線接続 13.87ms 945.75Mbps 796.88Mbps
eo光 無線接続 17.09ms 333.26Mbps 302.91Mbps
eo光 一戸建て 15.73ms 616.31Mbps 530.81Mbps
eo光 マンション集合住宅 15.61ms 396.45Mbps 340.37Mbps

 

Ping値は、レスポンス(反応速度)を表していて、数値が小さいほどレスポンスが良くなります。

 

下り・上りの通信速度が、光回線全体の通信速度と比較して大きく上回っているのは、一般的に利用されている光回線の公称値が1Gbpsであるのに対して、eo光では1Gbpsに加えて、5Gbps・10Gbpsの公称値を誇る高速回線プランが用意されている事です。

 

フレッツ光でも前述のフレッツ光クロスの様に、10Gbpsが公称値のサービスを行っていますが、利用出来るエリアや場所は現状限られている事から、まだまだ一般的なサービスにはなっていません。

 

eo光の通信速度が速いのは、超高速回線プランを広い提供エリアでいち早く展開しているためで、提供エリア内の98%以上で、10ギガや5ギガの超高速サービスが利用出来ます。

 

 

(出典:eo光公式

次世代の超高速通信を、一般的にしたことが通信回線の速さに繋がっています。

 

eo光 提供エリア検索

 

「フレッツ光」と「eo光」の通信量の制限を比較

光回線サービスでは、一般的にどれだけデータ通信量が増えても制限が掛からず、本当の意味で無制限に使える事が、大きなメリットの一つになっています。

 

しかし、eo光では月間データ通信量の上限が、コースごとに設定されています。

 

フレッツ光は無制限

フレッツ光・光コラボでは通信量の制限は一切無く、家族で大容量を利用したり、仕事で大きなファイルを頻繁に利用したりしても、それが理由で制限が掛かることはありません。

 

eo光は上限あり しかし通常利用では気にする必要無し

eo光では、コースによって変わる月間データ通信量の上限が設定されています。

上限を超えた場合は、最大通信速度など利用に制限を受ける場合があります。

 

これは、一部の不適切な利用をするユーザーが混じっている事で、多くのユーザーの快適な利用が損なわれるため、設定されていると推察されます。この制限はeo光の通信速度の速さにも、一役買っています。

 

コース 月間データ通信量の上限
10ギガコース 20TB(約20,000,000MB)
5ギガコース 10TB(約10,000,000MB)
1ギガコース 5TB(約5,000,000MB)

 

しかし、一般的な利用方法で、制限を受けることは殆ど無いと言えます。

契約者はeoマイページから、前日までのデータ通信量を確認する事が可能ですが、基本的に気にする必要はありません。

 

1ギガコースで制限が掛かるのには?

1ギガコースの制限が掛かる5TBの容量で、具体的に何が出来るか計算してみます。

 

たとえば、YouTubeのフルHDは1080pで、動画1分あたりの通信量は34.2MBです。

1ヵ月30日で5,000,000MBを使うと仮定すると、1日あたりの視聴可能時間は約83時間になり、24時間を大きく超えます。

 

大家族で別々にYouTubeを頻繁に利用しても、到達する事は現実的に不可能です。

 

もっと大容量を消費する、高画質な4KでNetflixを視聴した場合を計算してみましょう。

4K時の動画1分あたりの通信量は116.7MBなので、1ヵ月に約716時間半強の視聴が可能です。

 

1日あたりで計算すると、概ね24時間弱程度になります。

とても現実的には、消費できるデータ量では無い事が明らかです。

 

家族ではなく、オフィスなどの大人数で利用する場合は、通信量の上限が大きい超高速プランを検討しても良いですね。

 

「フレッツ光」と「eo光」の料金を比較

一般的に利用されている1Gbpsの公称値サービスで、フレッツ光を利用する「光コラボ」の中から人気のサービスと「eo光」の料金を比べてみましょう。

 

eo光は光回線全体を見渡しても、最安値級の料金でサービスが提供されています。

 

一戸建て月額料金を比較

戸建て 料金 キャッシュバック セット割引 契約期間 途中解約の違約金
eo光 月額5,488円
工事費33,000円→ 実質無料
商品券
10,000円分
月額割引をCB換算26,016円
au
UQ mobile
mineo
3年 4,140円
OCN光 月額5,610円
工事費19,800円
37,000円 OCNモバイルONE 2年 3,600円
ソフトバンク光 月額5,720円
工事費26,400円
乗換は実質無料
25,000円 SoftBank
Y!mobile
2年 5,720円
@TCOMヒカリ 月額5,610円
工事費19,800円→ 実質無料
38,000円
月額割引をCB換算5,280円
au
LIBMO
UQ mobile
2年 3,300円
@nifty光 月額5,720円
工事費19,800円
22,000円
月額割引をCB換算
23,760円
au
UQ mobile
3年 4,840円
ビッグローブ光 月額5,478円

工事費19,800円→ 実質無料

20,000円 au
BIGLOBE
UQ mobile
3年 4,230円
So-net光プラス 月額6,138円
工事費26,400円→ 実質無料
50,000円 au
UQ mobile
3年 4,580円
ドコモ光 月額5,720円~
工事費19,800円→ 実質無料
dポイント20,000円分 docomo 2年 5,500円
フレッツ光 月額4,730円~+プロバイダ料工事費19,800円 45,000円
(業務用途が適用)
セット割無し 2年 4,400円

 

マンション集合住宅月額料金を比較

マンション 料金 キャッシュバック セット割引 契約期間 途中解約の違約金
eo光 月額3,876円
工事費→ 無料
商品券
3,000円分
月額割引をCB換算13,200円
au
UQ mobile
mineo
3年 4,140円
OCN光 月額3,960円
工事費16,500円
37,000円 OCNモバイルONE 2年 3,600円
ソフトバンク光 月額4,180円 25,000円 SoftBank 2年 4,180円
工事費26,400円
乗換は実質無料
Y!mobile
@TCOMヒカリ 月額4,180円 35,000円 au 2年 2,200円
工事費16,500円 月額割引をCB換算 LIBMO
→ 実質無料 3,960円 UQ mobile
@nifty光 月額4,378円 22,000円 au 3年 3,630円
工事費16,500円 月額割引をCB換算
19,800円
UQ mobile
ビッグローブ光 月額4,378円 20,000円 au 3年 3,360円
工事費16,500円 BIGLOBE
→ 実質無料 UQ mobile
So-net光プラス 月額4,928円 50,000円 au 2年 3,480円
工事費26,400円
→ 実質無料
UQ mobile
ドコモ光 月額4,400円~
工事費16,500円
→ 実質無料
dポイント20,000円分 docomo 2年 4,180円
フレッツ光 月額3,575円~
+プロバイダ料
45,000円 セット割無し 2年 2,200円
工事費16,500円 (業務用途が適用)

 

マンション集合住宅でeo光を利用する場合の注意

eo光のマンション利用は、建物の構造や戸数で月額料金が変わります。

 

また、マンション集合住宅での光回線の利用には、光回線が近くまで来ているだけでなく、建物の共有スペース内まで引き込み工事が完了している必要が有ります。

共有スペース内から、各戸に建物内の回線で接続されることが一般的です。

 

しかし、この分野では先行したフレッツ光が圧倒的に強く、eo光が利用出来るマンションは現状多くありません。

eo光のマンション集合住宅利用では、マンションタイプとメゾネットタイプの2つにプランが分かれており、低層階のメゾネットタイプでは戸建てと同じ様に直接光回線を引き込むため、月額料金は戸建てと同じになります。

 

eo光が利用出来るマンション検索

 

超高速の10Gbpsサービスの料金を比較

一般的な回線速度だけでなく、10ギガの超高速通信サービスでも、eo光は安価な月額料金を提示しています。

 

具体的に、フレッツ光とeo光の10ギガのサービスで、月額料金を比較してみましょう。

 

eo光の10ギガコース

 

(出典:eo光公式

 

eo光では長期間利用し続ける事で、更にお得に利用する事が出来ます。

 

10ギガコースの月額料金は1年目から2年目が6,530円・3年目から5年目が6,303円・6年目以降は5,791円になっています。

 

フレッツ光クロス

フレッツ光クロスでは、プロバイダを別に契約する必要が有ります。

 

光回線料金5,720円+プロバイダ料金(1,100円程度から)で、eo光よりも割高になります。

 

ドコモ光10ギガ

ドコモ光はプロバイダとワンセットになっている「光コラボ」ですが、例外的にプロバイダの選択肢が提示されていて、選択するプロバイダによって月額料金が2タイプに分かれています。

 

10ギガ タイプAの月額料金は6,380円で、タイプBでは6,600円になっています。

安価なタイプAを選んでも、3年目以降はずっとeo光の方が安くなります。

 

ソフトバンク光10ギガ

光コラボのソフトバンク光で、超高速サービスの月額料金は6,380円です。

利用には、別途必須オプションのホームゲートウェイ(N)10ギガが必要で、その料金が550円掛かるため、実質的な月額料金は6,930円になります。

 

関西で光回線を利用するなら「eo光」がオススメ!

関西エリアで光回線を利用するなら、月額料金が安く、通信速度も速い「eo光」がオススメです。

EO光

超高速通信サービスの5Gbps・10Gbpsも、提供エリア内では多くの場所で利用する事が出来て、月額料金も他社と比較して安く、次世代の速さをいち早く体験して日常に利用するのもイイですね。

 

ただし、光回線は提供エリアに居住地がなっていない場合は、利用する事が出来ません。

 

eo光の提供エリアでない場合は?

10ギガの超高速通信は別ですが、通常の1ギガのサービスが提供されているエリアでは、フレッツ光の方が広範囲になっています。

特に都心部から離れたエリアでは、eo光が利用出来ない場合でも、フレッツ光なら利用出来る可能性があります。

 

フレッツ光 NTT西日本エリアトップ
NTT西日本提供の光ファイバーインターネット「フレッツ光」の料金プランやオプションサービス一覧についてご紹介。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックまたはテレビやパソコンなどの豪華特典と加入特典が選べるタイプ♪

 

eo光は利用出来るマンションも少ないですが、フレッツ光なら多くの建物の共有スペース内まで引き込み工事が完了しているケースが多く、利用出来る可能性が高くなります。

自宅の部屋に「光コンセント」が設置されているマンションなら、フレッツ光・光コラボの立ち会い工事が不要になり、1週間程度で開通出来る可能性が有ります。

 

 

(出典:SoftBank公式ページ*一部改変しています)

 

eo光が利用出来ない場合、個人利用なら「光コラボ」・ビジネス法人利用なら「フレッツ光」をオススメします。